読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ORAS】S16シングル構築:ユキドリマンダ【最高/最終2008】

ポケットモンスターORAS

 

f:id:naminorialien:20160720085518p:plain

 

挨拶

 こんにちは、TN:なみのり、と申します。

今シーズンはダブルバトルカルドセプトリボルトに勤しんでた

 

game-naminorialien.hatenablog.com

 

のですが、シングルレート2000には到達し、最終500位以内は確保したので、構築記事を作成しました。

最終日深夜に2000に到達した時点で切り上げ、S15の自己最高レート2010の更新はならずでしたが、少しのオリジナリティがある構築でレート2000を達成できたことには満足しています。

  

コンセプト

広範囲アタッカーのユキノオーボーマンダ、ゲンガー、広範囲ながら数値受けに対応しにくい前3匹の穴を埋める耐久潰しのドリュウズを、バシャーモのバトンタッチ、ウォッシュロトムボルトチェンジで対面操作をして有利を取ることを目指しました。

構築の思考回路の詳細は後述。

 

f:id:naminorialien:20160722183347p:plain

個別解説

珍しそう(PGL使用率5%以下)な項目を赤字で記載。

 

f:id:naminorialien:20160720092309p:plain

ユキノオーきあいのタスキ うっかりや ゆきふらし

165-144(252)-95-158(252)-94-81(4)

ふぶき、じしん、ギガドレインこおりのつぶて

ACに振り切り

広範囲アタッカーその1

タスキを盾に、耐久ポケモン、連続技持ち、じめん等倍以下のはがね以外にはタイマンから1:1以上は稼げます。

性格はダウンロード対策におっとりでもいいかもしれません。こだわりハチマキガブリアスのダブルチョップを、うっかりやだと耐えられるので、一長一短です。

すばやさは、後述のバシャーモのかそくバトンタッチのことは考えませんでした。あれはあくまで対面操作の技と割り切りっています。Aを削って+2加速でガブリアス抜き(S36振り)くらいまではすばやさを上げても良かったかもしれませんが、スカーフ持ちが多い環境なので、今回はこれでいいでしょう。

f:id:naminorialien:20160720092322p:plain

ドリュウズたべのこし ようき かたやぶり

209(188)-156(4)-81(4)-x-93(60)-154(252)

H:16n+1

S:最速

D:余り

じしん、どくどく、つのドリル、みがわり

対耐久どころか、受けループまで見ようとした結果こんなヘンテコな型に。対エアームドグライオンを無視するなら、つのドリルの枠はまもるとの選択だと思います。

 かたやぶりや、つのドリルで、「並びの崩し」ができるポケモン

f:id:naminorialien:20160720092338p:plain

ボーマンダボーマンダナイト むじゃき いかく→スカイスキン

171(4)-155-100-162(252)-90-167(252):メガシンカ

171-165-150-172-99-189:メガシンカ後実数値

ハイパーボイスりゅうせいぐんだいもんじすてみタックル

CSに振り切り

広範囲アタッカーその2

ユキノオーが苦手なポケモンに対応可能な、とくしゅメインで運用。対ボーマンダも担いたいので最速。手の内がバレる前はナットレイハッサムをよく焼いていました。

すてみタックルは基本的にはハイパーボイスよりも火力が出るので採用。ヒードランが多ければじしんにしようと考えてました。

f:id:naminorialien:20160720092352p:plain

ゲンガー@ゲンガナイト ひかえめ ふゆう→かげふみ

167(252)-x-80-165-105(76)-153(180):メガシンカ

167-x-100-209-125-173:メガシンカ後実数値

シャドーボールヘドロばくだん、こごえるかぜ、みちづれ

H:全振り

D:HSメガゲンガーのシャドボ耐え

S:余り、結果としてメガ進化後最速105属抜き

広範囲アタッカーその3

いわゆる対面構築と言われる並びに強いひかえめメガゲンガー。すばやさを落として困ったのは相手のタスキゲンガーくらいで、バトンタッチでのごまかしも込みで、そこまで気になりませんでした。

メガシンカ候補が4匹いる構築の中で、メガを隠して厄介な相手をキャッチして1:1交換を取ることが最低限の仕事です。ガルーラには無理せずみちづれ連打。

f:id:naminorialien:20160720092413p:plain

バシャーモ@ラムのみ ようき かそく

155-172(252)-90-x-91(4)-145(252)

とびひざげり、はたきおとす、バトンタッチ、まもる

ASに振り切り

ガルーラとゲンガーに強いポケモン。広範囲が取れるかくとう+あくでそこそこのアタッカー性能があり、かつ不利対面の切り返しのバトンタッチが使えるバシャーモは、すばやさが全体的に遅いこの構築と噛み合いました。

膝はあんまり外さなかった。

f:id:naminorialien:20160720092428p:plain

ウォッシュロトム@オボンのみ ふゆう

157(252)-x-154(100)-131(44)-130(20)-118(92)

10まんボルト、ハイドロポンプボルトチェンジ、おにび

配分の意図は忘れました。なにぶんXY初期に作った個体なので。

この構築で、唯一ファイアローに後出できるポケモン

おにびは本当にふいうちの回避程度にしか打たなかったので、おにび→どくどくで対耐久をもっと強めればよかったかも、と反省しています。

ハイドロポンプはよく外していた。

 

選出パターン

・出し負けしにくい相手+ウォッシュロトム+何か、1or3番手にメガ枠を入れる

汎用的にはこの選出であれば、極端に負けはしなかったです。

・ゲンガー+バシャーモorウォッシュロトム+ユキノオー

構築を組む上で考えるべき、ガルガブボルトゲンスイクン+ほのお。には、この選出をすれば勝てました。ほのお枠がバシャーモウルガモスならバシャーモファイアローならば水ロトム

ボーマンダ+ドリュウズ

受け思考のPTに対して出す。その極端な例の受けループは、グライオンが出されなければドリュウズでeasy win。グライオンには交代際につのドリルの試行回数を稼ぎながら崩していく。

 

苦手なポケモン

マリルリ

単純に刺さってます。1900代からかなり増えてきてつらかった。

クレセリア+「ドリュウズが勝てない相手」、の並び

クレセリアを倒しに行けるポケモンドリュウズしかいません。並びで見るとキツイことが多かったです。最メジャーの相方のヒードランには強いのは良かったです。

ファイアロー+「ロトムが止まる相手」、の並び

ファイアローに後出できるポケモンロトムしかいません。ボルトチェンジや釣りだし交換を絡めて、ファイアローが後出しにくい対面を何とか作り出します。

ステルスロック+リザードン(XorYどちらも)

S上昇を使われると、止められるポケモンがタスキを盾にしたユキノオーしかいない。タスキを潰されればなす術もなし。

リザードンは前回も苦手と書きましたが、採用率1位のガブリアスで簡単に対策になるのですけどね。今回はボーマンダとの兼ね合いで採用できませんでしたが。

 

実績

 TN:なみのり

最高&最終シングルレート2008 最終順位409位

f:id:naminorialien:20160720121922p:plain

構築の経緯

対面パ(ガルーラ、ガブリアスボルトロス、ゲンガー、ほのお、物理受け)に対するメタとして、ガルーラ以外に対面から勝てそうな両刀きあいのタスキユキノオーから構築をスタート。

このユキノオーが対面で勝てない相手(ガルーラ、ヘラクロスウルガモスギルガルドローブシンナットレイハッサムetc.)の多くに通る技は、ひこうとほのお。これらが両立でき、さらに、ユキノオーからの引き先になれるポケモンは、とくしゅメインのメガボーマンダが良いと考えました。

メガボーマンダを採用した以上それを軸に考えたい。対でんき、数値受け耐久ポケモンの対策として、じめんタイプには、ここまでで発生しているフェアリーの一貫性を切るためのドリュウズを採用しました。型は「耐久ポケモンに有利を取る」ことを軸に、後で決めることにしました。

あからさまにガルーラに不利を取ってしまうため、ゲンガーを採用。とりあえずガルーラに後投げして有利が取れるさいみんじゅつ持ちの珠アタッカーで。

ここまでサイクルができるメンバーでは無かったので、残り2枠は

・対面操作ができること。

・メガ枠両方が苦手なゲッコウガボルトロスに、極端に不利を取らないこと。

を満たすメンバーを探しました。ニンフィアヒートロトムボルトロス、等色々試しましたが、最終的にバトンタッチ持ちのバシャーモと、ボルトチェンジ持ちのウォッシュロトムに落ち着きました。ここまででドリュウズの型はつのドリル持ちのスカーフ型で。

ところが、耐久ポケモン相手にスカーフドリュウズを出すしかなく、つのドリルを外しつつ交代を決められることがきつかったので、ドリュウズを耐久ポケモン相手に後投げして有利を取りやすい、かつ対受けループを担えるどくどく+みがわり型に変更。

ガルーラに後投げ、以外の使い方がわからなかったゲンガーを、対面構築対策&汎用性の高いメガゲンガーに変更しました。ボーマンダと同時選出が出来なくなった点は不便でしたが、メガが読まれてなさそう、と感じた相手の行動も多かったです。

結果として、対応範囲がそれぞれ微妙に異なる4匹を、対面操作から相手に押し付けるコンセプトを実行しやすいメンバーになったと思います。

並びとして、バンドリマンダという有名な並びをもじった、何のシナジーがあるか一見わかりにくい、ユキドリマンダという、少しのネタを含んだ自分らしい構築になって満足しています。

 

参考BV

WF9G-WWWW-WW4G-2XFB

VS対面構築にて、想定通りの動き&ユキノオーの強さが発揮できたバトル。

 

おわりに

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

昨シーズン初めて2000に乗り、今シーズンも乗って、ようやく、ある程度戦えるパーティの組み方がわかってきたような気がします。

実は昨シーズンとは使用ポケモンが一体も被ってなく、もしS17のシングルを遊ぶなら、そういう縛りでやってみようかな、とも考えています。まだガブリアスボルトロスクレセリアなどなど、使えるポケモンが多いですね。メガ枠を何にするか。

しばらくはカルドセプトリボルトと、世界樹5で遊んでいると思います。

 

16/07/22追記:PT画像に誤りがあったので差し替え、珍しそうな項目を赤字へ、その他細々な修正。

 

連絡先(Twitter)

→@naminorialien