読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ORAS】ダブルバトルPT遷移(未完)【S16】

 

挨拶

なみのり星人です。

レーティングバトルシーズン16では、いつものシングルバトルではなく、ダブルバトルで遊んでいます。

目標は1800に設定し、達成するために試行錯誤しています。

私の第6世代のダブルバトルへの知識は、初心者に毛が生えた程度で、知識の少なさや、択にすら気付けていない、経験の浅さを実感しますが、逆に、どんどん知識や経験値が増えていく成長の過程も楽しいです。

せっかくなので、初心者なりのPT遷移と考え方を簡潔に、メモとして残しておきます。使用中のPTについてはシーズン終了後に公開します。

あくまで簡潔メモのため、並びと持ち物、簡易解説のみの記載です。 

PT遷移

・15戦ほど使用

f:id:naminorialien:20160703133656p:plainf:id:naminorialien:20160703133726p:plain

f:id:naminorialien:20160703134003p:plainf:id:naminorialien:20160703134022p:plain

f:id:naminorialien:20160703134043p:plainf:id:naminorialien:20160703134118p:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

ゲンガー@くろいヘドロ

ギャラドスゴツゴツメット

霊獣ランドロスとつげきチョッキ

ヒードラン@たべのこし

サーナイト@こだわりスカーフ(とくせい:テレパシー)

 

元ネタは初心者用の構築を調べた時に参考にさせていただいたこちら↓

steel-pkmn.ldblog.jp

この構築を、持っている伝説のポケモンを含めて使いやすいと思うようにアレンジ。

ORASダブル初心者である私が初めて作ったPT。

サーナイトマジカルシャイン、霊獣ランドロスのじしん&いわなだれヒードランのねっぷうと、全体技で押し切ることがコンセプト。

ガルーラは強いので、ゲンガーは対ガルーラへの駒、ギャラドスはちょうはつをガルーラのねこだましと合わせて、厄介なギミックへの対処として採用。

1600台まではそこそこの勝率でしたが、耐久みずタイプ、特にいかく2枚に対してのかちきミロカロスが重すぎて解散。

 

・40戦ほど使用

f:id:naminorialien:20160703133657p:plainf:id:naminorialien:20160703134118p:plain

f:id:naminorialien:20160703134506p:plainf:id:naminorialien:20160703134022p:plain

f:id:naminorialien:20160703134631p:plainf:id:naminorialien:20160703134043p:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

サーナイト@こだわりスカーフ(とくせい:テレパシー)

ボルトロス@オボンのみ

霊獣ランドロスとつげきチョッキ

スイクンゴツゴツメット

ヒードラン@たべのこし

 

ギャラドスの役割を対みずタイプも兼ねてボルトロスに託す。

ボルトロスは以前記事にしたあいつです。

game-naminorialien.hatenablog.com

対ガルーラ枠のゲンガーを、ガルーラ性能を少し落とした代わりに、対雨への駒と、おいかぜで素早さ操作ができるスイクンに変更。

使用ポケモン種族値が高くなったので、ずいぶんと使いやすくなりました。どちらかといえば、1つめよりも、この構築がPT遷移の基礎となります。

1700には何とか到達したものの、ボルトロスの挑発だけではトリックルームへの対策としては不十分で、中速トリパによくマッチングし、勝てなかったので解散。

 

・20戦ほど使用

f:id:naminorialien:20160703133657p:plainf:id:naminorialien:20160703134828p:plain

f:id:naminorialien:20160703134506p:plainf:id:naminorialien:20160703134022p:plain

f:id:naminorialien:20160703134631p:plainf:id:naminorialien:20160703134043p:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

ニンフィア@こだわりメガネ

ボルトロス@オボンのみ

霊獣ランドロスとつげきチョッキ

スイクンゴツゴツメット

ヒードラン@たべのこし

 

上の構築のサーナイトを、Sが遅めのニンフィアに変更。

スイクンのおいかぜの恩恵を強く受けるアタッカーであり、中速トリックルーム使いには、低速から眼鏡ハイパーボイスを連打をするだけでも、中々に厄介だったでしょう。

ただし、ニンフィアは「まもる」こともできず、サーナイトと比較すると、霊獣ランドロス地震がかなり打ちにくくなったことはマイナスポイントでした。

デスラッキー系統、ねこのて系統に手も足も出なかったため解散。ひたすら1700代前半をうろつく。

現在

今使用しているPTは、3つ目の構築をもとにはしているものの、かなりの変更を加えているパーティーです。

1800に乗ったら別記事にするので、使用中のPTは改めて記事を書くか、目標が達成できず、追記としてここに記載するかはまだわかりません。

記事作成時点(16/07/03、15:30更新)のレートは1741

f:id:naminorialien:20160703185150p:plain

今は試行錯誤の過程はもちろん、私が知らなかった戦術にかかったとしても、「ダブルはそんなこともできるんだ!」ということも楽しく、初心者の楽しみ方ができています。

ダブルバトルは楽しいです。

 

※追記

残念ながら、上記執筆中に使っていたPTではレートを上げられなかったので、4つめのPTとして公開します。

・30戦ほど使用

f:id:naminorialien:20160703133657p:plainf:id:naminorialien:20160704224449p:plain

f:id:naminorialien:20160703134506p:plainf:id:naminorialien:20160703134022p:plain

f:id:naminorialien:20160703134631p:plainf:id:naminorialien:20160704224521p:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

ウルガモスゴツゴツメット

ボルトロスぼうじんゴーグル

霊獣ランドロスとつげきチョッキ

スイクン@オボンのみ

ギルガルド@たべのこし

 

厄介な積み系統にどくどくで対抗するため、ヒードランに替えて、残飯どくまもみがギルガルドをシングル用の個体のまま採用。フェアリー耐性、モロバレル対策に、ほのおタイプのポケモンは切れないと考え、ウルガモスを採用。持ち物はダブルではメジャーらしいゴツゴツメットをとりあえず持たせる。

f:id:naminorialien:20160704231849p:plain 

ゴツゴツメットスイクンから取り上げた都合上、各ポケモンの持ち物を調整。

しかし、構築を組み直した理由である積み系統のPTには全くマッチングせず、その場合、私はこのギルガルドを出せる相手を理解していなく、実質5匹構築に。持ち物による単体性能が落ちている(特にボルトロス)ことも感じながら、大体1630~1680と、レートを下げる結果になりました。使っているポケモンが強くとも、全体のバランスが噛みあわなければ勝てないことに、ダブルの難しさを感じます。

いなくなって改めてダブルのヒードランの便利さがわかったり、強いかどうか半信半疑で採用したゴツゴツメットウルガモスが、低火力接触技のねこだましが飛び交うダブルでは、非常に強力なポケモンだった等、新しい発見は新しいポケモンを使うごとに出ます。まだまだ未熟者、精進します。

 

またPTを組みかえ、執筆時点(16/07/04 3:30更新)では1747で、前回よりはレートは上がっています。今度こそ1800到達記事が書きたいです。

 

連絡先(twitter)→

@naminorialien