読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ORAS】S15構築:物理役割集中+カバルドン【最高/最終2010】

 

f:id:naminorialien:20160517201602p:plain

初めまして、なみのり星人というHNでゲームで活動しています。
ポケットモンスターORASのレーティングバトルで初めてレート2000を突破した記念に、使用していたPTの詳細について記載します。
 
PT作成の経緯
ステルスロック+高火力先制技をコンセプトに、ステルスロックとあくびが使えるカバルドンと、一貫しやすい影打ちを高火力で打てる、いのちのたま物理ギルガルドからスタート。
メガシンカを入れて基本選出の完成としたいところに、後続に置く積みアタッカーとしての役割と、初手に出し、受けに来る物理受けを無理やり突破し、後続を通しやすくする役割の両方を期待できる、グロウパンチといわなだれを持ったガルーラを採用しました。
ガルーラがじめんタイプの技を持っていないので、対鋼タイプとして炎タイプのアタッカーが欲しく、地面の一貫性を消すためにも剣の舞ファイアロー
ここまでの補完と、特殊の積み要因として、ガルーラで無理やり苦手なポケモンを処理し、詰めることもできる瞑想スイクン
最後に、カバルドンを出せない構築にも、アンコールで起点作成能力を持ち、スイクンカバルドンと組んでサイクル戦が可能なエルフーンを入れて完成しました。
 
個別解説

f:id:naminorialien:20160517202036p:plain

ガルーラガルーラナイト いじっぱり きもったま→おやこあい
181(4)-159(236)-101(4)-*-102(12)-142(252):メガ進化前
181-192-121-*-122-152:メガ進化後実数値
おんがえし、いわなだれ、ふいうち、グロウパンチ
S:準速
HBD:ダウンロード対策に、努力値に無駄が出ないように配分
A:残り
グロウパンチといわなだれを採用した準速ガルーラ。大体のガルーラミラーでは素早さが勝っていました。目の前の敵の攻撃を1発耐えるならとりあえずグロウパンチ
いわなだれは、後出ししてくる物理受けを、怯ませればラッキー、怯まなくても、おんがえし1発目圏内まで、ゴツゴツメットを発動させずに持っていける点が良かったです。
目の前のポケモンに素早さが勝っていれば、グロウパンチを打ったのを見て、後出ししてくるゴーストタイプにも一貫する技としても非常に強力で、実際に後出ししてくるゲンガーをたくさん倒しました。
頻発した初手ガルーラミラーでは、カバルドン意識なのか、ひみつのちからや氷技をよく打たれたという序盤の経験から、終盤はグロウパンチから入っていました。
 

f:id:naminorialien:20160517202344p:plain

カバルドンゴツゴツメット わんぱく すなおこし
215(252)-132-163(84)-*-114(172)-67
じしん、あくび、ほえる、ステルスロック
H:全振り
D:珠ボルトロスのめざめるパワー氷を2耐え
B:余り
ゴツゴツメット+砂ダメージで、後続の圏内まで相手を削ることと、死に出しか攻撃を2回耐えそうなポケモンに後出しして、ステルスロック+あくびループを遂行することが仕事です。
想定していた基本選出のガルカバガルドでのバシャーモへの対抗策や、ガルーラクチートに有効打を持っていないことから、攻撃技はじしんを採用しました。浮いているポケモンに打点がありませんが、回復技のないこのカバルドンは、序〜中盤で切るように使うので、ラス1対面で詰む、といったことはなかったです。
 

f:id:naminorialien:20160517202411p:plain

ギルガルド@いのちのたま いじっぱり バトルスイッチ
159(188)-110(236)-171(4)-*-172(12)-89(68):シールドフォルム
159-220-71-*-72-89:ブレードフォルム実数値
シャドークロー、せいなるつるぎ、かげうち、つるぎのまい
H:10n-1
A:11n
BD:B‹D(ダウンロード対策)
S:余り
ゴースト+かくとうの、両方を半減できるポケモンが存在しない優秀な範囲を、つるぎのまい+いのちのたまの高火力で押し付けるエース。のはずだったのですが、キングシールドを持っていない都合上、ゲンガー+ガルーラという、最もメジャーな組み合わせがきついのが辛かったポケモン
他に環境で見るノーマルタイプポリゴン2には、素早さに多めに振った恩恵で、せいなるつるぎを上から打てるので、ガルーラ入り以外には積極的に選出していました。
 

f:id:naminorialien:20160517202436p:plain

ファイアロー@するどいくちばし いじっぱり はやてのつばさ
179(204)-146(252)-91-*-89-153(52)
H:10n-1(珠個体の流用のため)
A:特化
S:余り
炎打点がほしいという理由での採用でしたが、つるぎのまいの制圧力が凄まじく、対策として出てくるボルトロスも、A+2ブレイブバードによってHSベースは、ステルスロックと砂ダメージ込みで確定で沈み、HBベースは上からフレアドライブで沈みます。
つるぎのまいを打つターンに後出してくるボルトロスに対して、事前に砂がまかれていれば、砂のダメージを受ける順番で素早さ、およびどんな型かをおおよそ判定できる点で、カバルドンとの強いシナジーを感じました。
環境にあまり岩タイプ(というかバンギラス)がいなかったことで非常に動きやすかったです。
 

f:id:naminorialien:20160517202452p:plain

エルフーン@たべのこし おくびょう いたずらごころ
145(76)-*-125(156)-103(44)-96(4)-181(228)
ムーンフォースやどりぎのタネ、みがわり、アンコール
H:16n+1
S:最速化身ボルトロス+2
C:H振りメガヘラクロスが高乱数2(ステロ込で確定)
B:身代わりが特化メガヘラクロスのミサイルばり1発を最高乱数以外耐える
D:余り
カバルドンが出せない時の起点作成と、サイクル戦を行いたい時に選出することを想定して採用。
実際は起点を作りたい時はほぼカバルドンを出したので、壁、バトン構築であることがわかりやすい相手や、害悪と言われるポケモンの相手を担当してもらいました。
見せ合いの段階で相手の選出を絞る役割もあり、こだわりアイテムを持ったドラゴン、レパルガッサ、オニゴーリ等を選出段階で抑制する役目も、しっかり果たしてくれました。
配分に関して、随分と昔に育てた個体であり、改めて調べたところ、今はあまり見なくなった珠CSボルトロスを強く意識した配分だとわかったので、再考の余地は大いにあります。
 

f:id:naminorialien:20160517202509p:plain

スイクン@カゴのみ ずぶとい プレッシャー
207(252)-*-174(192)-114(28)-136(4)-109(28)
ねっとう、れいとうビーム、めいそう、ねむる
H:全振り
C:H182-D101ボルトロスに瞑想+1れいとうビームでオボン込み確2
S:無振り85属(スイクンクレセリア)+4
B:余り
配分は立ち回り甘めさんから
ここまでで少し重いクレセドランへの対策として、また、カバルドンエルフーンとサイクルを回すことができるよう、補完として採用したポケモン。Cに少し振ることで、ボルトロス入りにも出せるチャンスがあります。
自らがめいそうでアタッカーになるだけでなく、複数回ねっとうを打てればやけどで物理アタッカーを機能停止にでき、後続の積みアタッカーの補助も出来る点が、この構築と噛み合ったと感じています。
 
 
選出パターン
多かったものを記載
 
基本選出。ガルーラで物理受けを無理やり突破し、カバルドンの起点作成から裏の物理アタッカーで締める。
 
初手で起点をつくり、積みサイクルのように動く。
 
エルフーンカバルドンの起点回避能力を活かして戦いたい相手には、この組み合わせでサイクルを回す。
 
苦手なポケモン、組み合わせ
リザードンY+物理受け
一番きつくこの構築の欠陥が出る相手。
先制技を中心とした、元々の素早さが遅いPTに対しリザードンYは脅威。初手に出てこられては誰も受けられない。
オーバーヒートを打たせた後、カバルドンを死に出ししての起点作りから勝てることもあったが、裏にこちらの残り1匹が止まるポケモンがいれば勝てない。
・水手裏剣持ちのラムのみゲッコウガ+ステルスロック
カバルドンのあくびループを抜けることができ、ファイアローの上から水手裏剣を打て、こちらの仕事をさせてもらえません。
カバルドンガルーラれいとうビームを2回耐えるのですが、ステルスロック+あくびの役割を遂行する際、こおり判定を4回受けるので、こおって仕事ができずに倒される、といった場面が多々ありました。
 
この辺りをカバーできるよう、選出率のあまり高くなかったエルフーンスイクンの構成をいじったり、任せていた役割を放棄しすぎること無く、他のポケモンと入れ替えられればもっと強いPTができたと考えています。
 
参考BV
Y9FW-WWWW-WW44-3ZT3
基本選出をし、この構築の理想を大体実現できたバトル
 
実績
最高&最終レート2010、最終順位406位

f:id:naminorialien:20160522183643p:plain

 
おわりに
ここまで見ていただきありがとうございました。
各々はよくいるポケモンで固めましたが、しっかり自分で考えて組みあわせたパーティで自己最高レートを更新できたことが嬉しかったです。
勢いに任せて初めての構築記事を書いたため、至らない点もあると思います。このPTに対する質問から、文章の書き方に関してまで、この記事についてのお問い合わせはコメント欄か私のtwitterまでよろしくお願いします。
 
5/22追記:最終順位の繰り上がりが判明したため、順位の修正と画像の差し替え。
 
連絡先
→@naminorialien